FORYOU

誰でもなくあなたに向けたブログです。

令和

 

元号が変わった。

 

平成最後、平成の最後だとお祭り状態だったが

僕自身はまったく無関心だった。

 

ニュースで観た昨夜の様子は

まるで年越しのムードだった。

 

みんなの様子を見て

単純に羨ましいと思った。

 

自分になにかあるわけでもなく

なにかが大きく変わるわけでもない

ただ純粋に元号が変わる事を楽しんでいる。

 

なにかを好きになるのも

なにかを嫌うのも

なにかに熱中できるのも

すぐ飽きるのも

すぐにハマるのも

 

全て才能だと思う。

 

 

 

 

今月こそは100キロいくぞ!!!笑

 

f:id:t-foryou:20190501193349p:image

 

 

令和 初RUN

 

 

f:id:t-foryou:20190501193413p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高卒から6年勤めた会社を辞めるということ

 

 

 

転職の意志が固まり

ついに本格的に動き出した。

 

初めて会社説明会というものに参加し

軽い面接も行なって頂いた。

 

かなり緊張もした。

だが上手くいったか?

なんてもの心配しても仕方がない。

 

不安とか心配よりも

ただ楽しかった、ワクワクした。

 

俺にも可能性があるんだって

違う道があるんだって実感した。

 

これからだ。

 

 

 

 

 

決めたなら行けよ

お前だって 此処で終わってたまるか そう思っているんだろう
自分で選べよ 全部選べよ 突き抜ける覚悟も 敗れてく覚悟も
栄光の引き金 自分で掴んで 撃ち抜こう

 

UVERworld / 7th Trigger

 

f:id:t-foryou:20190423231117p:image

 

 

全て特別なこと

 

もちろん昨日もランニング!!

 

f:id:t-foryou:20190419065621p:image

 

 

僕らは、変わりたくなかったら変わらなくていいし、変わりたかったら変われる。

 

自由に自分の赴くままに

自分の人生を選択できるって人が多いと思う。

 

でもそれってすごいことで

選択できるってことは本当は特別なことなんだ。

 

ご飯が毎日食べれるのも、毎日動けることも、なにかを聴くことも、見ることだってそうだ。

 

だからって別に

それに感謝して生きろなんて事じゃ無くて

僕らはみんな特別なんだよ

選べるなら絶対自分にとって良いと思うことを選んで行こうよってこと。

 

誰しもが理不尽なことに対面するだろうし。

みんな平等じゃない。

 

 

 

僕らは今死ぬかもしれないし

明日死ぬかもしれない。

 

 

 

毎日が特別な連続なんだって話を

ただしたかっただけです。笑

 

 

 

今日も張り切っていこうぜ!!

 

 

 

 

 

思い通りにじゃなく思い描け

 

f:id:t-foryou:20190418070720p:image

 

 

 

 

起こりそう、じゃなく起こそう。

掴めそう、じゃなく掴もう。

届きそう、じゃなく届かせよう。

 

 

 

順調にいけばなんて、そんな確証はないし

どんなことにも絶対はない。

 

 

 

 

俺たちには確かにあの微かな希望が見えてる

あれを毎日追いかけよう。

何度引き離されても。

いつか掴めると信じて。

 

 

 

 

 

 

UVERworld

 

本当に僕にとって掛け替えのない存在。

何度励まされ、何度きっかけをくれたか。

 

高校生の頃から通学の途中に

社会人になってからの通勤の途中に

どこかへ向かう途中の移動中に

毎日UVERworldの曲を聴いている。

 

 

好きになったきっかけは心友ともいえる

大事な人生の先輩がきっかけだ。

 

 

元々はモバゲーというSNSで知り合い

釣り仲間となった。

この出会い方もすごい奇跡と言える。笑

 

本当に計り知れないほどの恩を受けてきたし

僕が受けた影響は、かなり大きい。

 

そんな先輩が車の中でよく流していたのが

UVERworldだったのだ。

 

歌詞のストレートさ、男らしさ、どんどん新たなことにチャレンジする精神、優しさ

きりがないほどに色んな面に惹かれた。

 

僕の人生のターニングポイントは

この先輩と出会えた事と

UVERworldを好きになったことだろう。

 

この運命の出会いの積み重ねがあって

今の奥さんとも出会えて惹かれあって

結婚できたのだろうと思う。

 

僕は過去に戻れるならどこがいい?

なんて質問には、答えない。

戻りたくないし戻らない。

全ての出会いに感謝しているし

何一つ間違っているなんて思ってないからだ。

 

 

 

f:id:t-foryou:20190416071747j:image

 

またとんでもないチャレンジをするらしい。

 

絶対に行きたい。